岡部えつのウェブサイトへようこそ

このサイトは、岡部えつの小説作品、朗読活動などについて、紹介しております。


INFORMATION

2017-12-01
新刊『嘘を愛する女』徳間文庫より刊行されました。
映画『嘘を愛する女』(2018年1月20日公開)の小説版です。
2017-07-19
2017-04-13
2016-12-31
『Asa‐Jo Premium(アサジョプレミアム)』に、短編小説『揺れる影』を寄稿しました。独身と既婚、経営者と主婦、立場の違う中年女二人、それぞれの思惑が行き交う一夜の物語です。 セブンイレブン、一部書店・ネット書店より、12月31日発売★
2016-11-15
ノイズ中村10周年フェス『おパーティ!』、12/3(土)に朗読で出演します。共演はコントラバスの東保光さん。書下ろし『十年』を読みます。
■日時:12/3土、12/4日(2DAYS) ■時間:12:00 〜 20:00 ■場所:SHIBAURA HOUSE ■入場自由(ご祝儀大歓迎!)
2016-10-15
2016-08-17
集英社『小説すばる』9月号に、短編『沖鳴り屋』が掲載されました。
2016-07-29
双葉社『小説推理』9月号に、短編『夜光泉』が掲載されました。
2016-06-18
集英社『小説すばる』 7月号に、エッセイを寄稿しました(コラム『a day in my life』)。 だらしなく、でも楽しく、身の丈に合わせた一日について綴っています。
2016-06-09
6月9日(木)21:30〜22:30<生放送>
AmebaTVの「VICE」チャンネル『淫PROVISATION』で、拙作『紅筋の宿』が朗読されます。朗読/若林美保 音楽/池澤龍作
短編小説『紅筋の宿』:性愛小説アンソロジー『果てる』(実業之日本社)所収
2016-05-20
2016-03-29
双葉社『小説推理』5月号に、短編『ドニゴールの記憶』が掲載されました。
2016-01-21
2015-12-25
双葉社Webマガジン『カラフル』にて新連しておりました『フリー!』が、最終回を迎えました。
2015-03-10
双葉社Webマガジン『カラフル』にて、新連載『フリー!』がスタートしました。
会社員、恋人、妻、娘……さまざまな立場でさまざまなしがらみに絡めとられている女たちが、自分自身の真の自由をつかみとろうと模索するお話です。
⇒最新回のお知らせははこちらから。
2015-02-23
徳間書店『読楽』3月号に、短編『海の見える窓』が掲載されました。
今からおよそ30年後の世界を、わたしを投影した主人公の「最期」をテーマに書きました。
公表する小説としては、これまでと毛色の変わったものですが、 とても気に入っています。こういう短編をいくつかまとめて、本にできたらいいな。
2015-01-25
FM愛知『amano SMILE CAFE』にゲスト出演いたしました。
放送は、1月25日(日)と、2月1日(日)、午前9:30~9:55です。
2015-01-08
拙著『残花繚乱』原作の連続ドラマ『美しき罠~残花繚乱~』が放送開始しました。
TBS木曜ドラマ劇場『美しき罠~残花繚乱~』毎週木曜よる9時からです。
2015-01-08
サイゾーウーマンに取り上げていただきました。
性愛小説アンソロジー『果てる』収録の『紅筋の宿』について語っています。
セックスによって男を食い殺す女」怪談×エロスの作家・岡部えつが語る“女の恨み”
2015-01-06
『ダ・ヴィンチ2月号』に取り上げていただきました。
『残花繚乱』について、語っています。
2014-12-24
2014-11-24
拙著『残花繚乱』を原作とした連続ドラマ『美しき罠~残花繚乱~』が制作されることが、本日発表されました。
TBS木曜ドラマ劇場『美しき罠~残花繚乱~』 2015年1月8日(木)スタート。
毎週木曜よる9時からです。
2014-10-04
性愛小説アンソロジー『果てる』。実業之日本社より、発売となりました。
■エデンの指図 桜木紫乃 ■天国の鬼 宮木あや子 ■髪に触れる指 田中兆子 ■嵐の夜に 斉木香津 ■紅筋の宿 岡部えつ ■南の島へ早く まさきとしか ■海の匂い 花房観音
2014-10-01
10月3日(金)、FMぐんまの「G☆フォース」に出演します。
「残花繚乱」についてたっぷり話してきました。